0rGN.jpg

前回のhttp://scottgames.com の更新で入手することができた「0rGN.jpg」

この画像がなんと「Full Tour of Rockafire Warehouse」の動画にて登場している 、「The Rock-afire Explosion」の 「あるアニマトロニクス」である事が判明しました 。

ポール・マッカートニーの内部骨格だった?!

このアニマトロニクスの内部骨格は ビートルズでお馴染みの 「ポール・マッカートニー」 のものである事を動画内で語っていました。

「1980年台」にて制作されていた 「人型の内部骨格」である事が判明しました。

ビートルズ「ポール・マッカートニー」の内部骨格

ギターを弾くための5本指もあります 。

ギターを演奏させる為に精巧な作りを目指していたそう
当時のポール

Scott Cawthonがポールの内部骨格の写真を撮った理由

Scott Cawthonはウェアハウスに足を運んでいた、ということが判明した訳ですが 、Scott Cawthonは何故

「動物を模した【FNAFでお馴染みの】内部骨格」を撮らずに

「人間を模した【FNAFとしては異例の】内部骨格」を撮ったのか

ここに自分は疑問を感じました。

ポール・マッカートニーという「人間の」内部骨格を入れ込んだ理由です。

それは今作シリーズの主人公であるMichael Aftonが

「人間」ではなく 「機械人形」であるところから来ていると踏んでいます。

Michael Aftonが機械人形である根拠

UCNを除いた全シリーズの主人公が今の所 「Michael Afton」が有力な訳ですが、彼が機械人形である根拠は

①FNAFSLカットシーンで最後音声がおかしくなっている

②毎回ゲームオーバー時に「砂嵐」が舞っている

③ATARI画面に介入できる

からきています 。

FNAF4だけ砂嵐ではなく「流血表現」があるのは、

あの時まだ彼は「人間だった」か

「半人間半機械人間」 だったからだと推定しています。

彼が「機械人間だった可能性」は

第6夜のFredbear扮したBabyが語ってるのでほぼ確定です。

FNAF4の少年とMichael Aftonを結びつけた理由はFNAF WORLDにあり、 UCNにあり、小説にあるわけですが、ここでは割愛します。

ひとまず、全シリーズの主人公であるMichael Aftonが

「機械人間」 である前提が重要ということ。

FNAF VRの主人公も「Michael Afton」

そして次回作FNAF VRの主人公は、その視点から考えるに

「各シリーズのゲーム本編の主人公」である可能性が濃厚です。

FNAF1カスタムナイト

FNAF3

FNAF4

etc…etc…

ともあれば、FNAF VRの主人公も「Michael Afton」が有力候補になります。

Michael Aftonと0rGN.jpgの繋がり

その上でさきほどの「0rGN.jpg」を踏まえてほしいわけです。

・何故Scottがこの写真を選定したのか

・何故FNAF VR更新のタイミングで流したのか

・何故人型の内部骨格なのか

それは「0rGN.jpg」で映った内部骨格が「人を模す為に必要な機械」であり

ゲーム本編で頑なに語らなかった 「Michael Afton」が機械人間である事を仄めかしたかったから

それを次回作「Five Nights at Freddy’s VR」で出すから、ではないかと思ったわけです。

動画内でもShowbizの公式サイトでも、ポールの内部骨格について触れられてましたが

「完成はしなかった」そうです。

2000年まで米軍の手に渡っていたそうでその後、

戻ってきてScott Cawthonの目に触れる機会があったのかもしれません。

showbizの公式サイトの歴史から

0rGN→Origin→原点と読めるその理由

ゲーム本編では、悲劇は1982年に起こりました。

その年代には既に「現実世界でも」「人を模そうとした痕跡」があったわけです。

Scott Cawthonは今まで語っていなかっただけで

最初の構想 「 O r i g i n 」はこの内部骨格にあったのかもしれません 。

現実では夢半ばにして完成しなかった

「人間を模そうとした最初のアニマトロニクス」

Scott Cawthonはそれを「完成させた」のかもしれません。

タイムシフト

Published
Views 3626
Bitnami